ノベルティでタオルを作って自社製品をPRしよう!

タオルのノベルティ

Written on 16年11月4日   By   in 未分類

企業が社名や自社製品をPRするために、オリジナルタオルのノベルティを配っていることがあります。タオルは実用的で利用価値が高く、面積が広いからイラストや写真でバリエーションをつけることができ、名前が入れやすいという特徴があります。印刷しやすく、軽いので折りたたんで送りやすいことからノベルティの製品としてよく使われています。
 
一口にタオルと言っても、いろいろなサイズがあります。バスタオルだと大きすぎるので、ノベルティになりやすいのは、フェイスタオルやスポーツタオルくらいの大きさです。ハンドタオルは携帯に便利ですが、面積が小さいから会社名などが入れにくくなるというケースもあります。
 
意外に人気があるのが日本的な「手ぬぐい」です。タオルよりも薄く、乾きやすいという特徴があります。コスト的にも、薄い分だけタオルより安く作れます。タオルにするか、手ぬぐいにするかは、その企業のイメージに関わってきます。手ぬぐいには和風なイメージがありますから、販売している商品が和服や和菓子のようなものの場合は、イメージ的に手ぬぐいの方が合っているかもしれません。
 
ノベルティタオルの料金ですが、大量に注文することで1枚の単価が下がり、送料や手数料などもかからなくなります。タオルに名前を入れただけのものは安価に作れますが、漢字で入れる場合とアルファベット表記にする場合とで雰囲気が大きく変わります。デザインする際に考慮しましょう。当サイトでは、ノベルティタオルの作り方や料金などを紹介します。